このブログのアクセスログ“検索ワード”を見ると
【自宅 染める 赤】【赤髪 自宅】
でいらっしゃってくださっているお客様が多く、
↓この記事が思いの外、貢献しているようです。
2011.10.31 自宅で染める

 

ありがとうございます。

 

でもですね、実を言うと、このブログを書いている青月さんは占い師なんですよorz

 

こぉ占いとかの話でカカッと皆様のアンテナに響かせたいつもりなのですが、ブログを改めて読み返してもそんな内容が殆ど無い悲しきブログ。

 

…という訳で心を入れ替え、本日のお題は占い師らしく








 

【自宅でヘアカラーの話・第二弾 〜 青髪にしよう!】
です。

 

ごめんなさい。ごめんなさい。
全然占い師っぽくない上に、アクセスログに媚びだしてます。

 

言い訳をするであるならば、私も髪の毛の色には悩まされております。
だから少しでも同じお悩みを持つ方のご参考になれれば、占い師冥利に尽きるわけです。

 

…と無理矢理、占い師とこじつけてみましたがココから本題です。

 

現在、私は毛先とフロントの一部に“”メッシュを入れております。

私の髪の毛は細く傷みやすいので、セルフではなく美容院でブリーチをしてもらいます。
その後、ブリーチした髪の上から

 

を塗ってもらいます。

以降、色が退色してきたら自宅でブリーチ部分にヘアカラーをセルフで入れております。

 

しかし!!
よーく写真を見ると“”というよりは“青緑”になってしまってます。

これは、
ブリーチした髪(黄色)+ヘアカラー(濃青)= できあがりの色(あざやかな青緑
という混色の原理で起こってしまっているわけです。

 

青髪って難しい…。
白までブリーチ出来れば、カラー剤通りの“”になるとは思うのですが、私の髪の毛は先にもお伝えしたとおり、細く儚いハゲやすそうな毛質。
これ以上のブリーチは、私の毛髪生命上難しいと美容師さんに言われてしまう始末。

 

それでもどうしてもにしたい…。何か方法はないのだろうか?

 

そこで考えたのが、を入れてに転ぶとういうことは、私の髪の毛の黄色の成分が多いということ。
“紫シャンプー”という髪の黄ばみを解消させるシャンプーもあるくらいですし、黄色の補色であるを入れれば、黄色が抑えられるのでは…?と思い

 
MANIC PANICヘアカラー 【ウルトラバイオレット】

MANIC PANICヘアカラー 【ウルトラバイオレット】
価格:2,940円(税込、送料別)


を購入し、先程の青のヘアカラーと
青1紫3
の割合で混ぜ“青みの強い紫”を作って塗ってみました。

すると…
濃紺になりました!
(写真がなくて、ごめんなさい。)
2013.3.19 写真追加

写真がボケボケでごめんなさい。

気持ちもう少し鮮やかさが欲しかったのですが、もういい歳なので自粛です。

 

こうして色味は及第点となりましたが退色が早く、1週間程で青緑っぽい毛に戻ってしまいます。
もっと洗い方(湯温を低く)やシャンプー・リンスに、こだわれば良いのでしょうから まだ改善の余地はありそうです。


 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM